障がい者スポーツ 会社の法定雇用率 雇用 整体 マッサージ 日本オフィスマッサージ協会

お申し込み


障がい者スポーツについて

こんにちは。
障がい者雇用を促進している日本オフィスマッサージ協会には、
多数の障がい者の方がいらっしゃいます。

そこで今回は、障がい者スポーツについて。
ここでは東京都障害者スポーツ大会の競技種目をご紹介します。
この大会は、障害種別によって参加可能な競技・種目が分かれています。
  ■=身体・知的・精神障害部門の種目
  □=身体・知的障害部門の種目
  ○=身体障害部門の種目
  ●=知的障害部門の種目

陸上競技

■50m走、□100m走、□200m走、●400m走、□800m走、□1500m走、
○スラローム、□走高跳、□走幅跳、□立幅跳、○砲丸投、
■ジャベリックスロー、■ソフトボール投、○ビーンバッグ投、
●25m走(車いす)、○30m走(電動車いす)、●4×100mリレーの計17種目が実施されます。
 各種目の中で、障害者スポーツ大会特有のものを紹介します。

50m走(視覚障害音源走)

視力0~0.03、視野5度以内の視覚障害者による50m競走では、フィニッシュライン後方で鳴らす音源等を頼りに走ります。
※視覚障害者の競走競技種目では、100m走以上の距離について伴走者が認められています。

スラローム

車いす使用者が参加する種目です。
全長30mのコースに置かれた12の旗門を、白の旗門は前進、赤の旗門は後進で通過します。所要時間で勝敗を決めますが、旗門を倒したら1本につき5秒が加算されます。 ■ジャベリックスロー  ターボジャブという、ポリエチレン製で先端がやわらかく、長さ約70cm、重さ300gの安全な用具を投げてその距離を競います。 やり投に代わる種目として行われ、ルールはやり投に準じます。

ビーンバッグ投

重度の障害がある車いす使用者を対象とした種目です。
大豆などを入れた重さ150g、12cm四方の袋を投げます。足に乗せて蹴り出すなど、投げ方は自由ですが、助走をせず、車いす等を固定して座った姿勢から投げ始めます。

水泳

種目は□自由形、□平泳ぎ、□背泳ぎ、□バタフライ、●リレーの5種目で、
距離は種目に応じて、□25m、□50m、□100mなどがあります。
 日本水泳連盟競技規則に準じて行われますが、障害の種別によって水中スタートや浮助具の使用が認められます。また、視覚障害によりターンやゴールの判断ができない選手に対しては、
主催者に許可された者が、指示棒などで合図をしてもよいことになっています。

卓球

日本卓球ルールに準じて行われますが、身体的、知的理由において、主審の承認等の決められた手続きを踏めばサービスの規定を緩和することができます。
また、障害の種別によって、ラケットを持っていない手がコートに触れても失点となりません。

サウンドテーブルテニス(略称STT)

一般の卓球が困難な視覚障害者(視力0~0.03、視野5度以内)が、専用の卓球台でボールを転がして得点を競います。
ボールには金属球が入っており、転がると音が出るようになっています。
ラケットは打球面が木質でラバーを貼っていないものを使用します。また、選手は視力による有利不利をなくすためアイマスクを着けます。

アーチェリー

全日本アーチェリー連盟競技規則に準じて行われ、弓の先端が逆反りした形状の弓を使用するリカーブボウ、弓の先端についた滑車の作用でリカーブよりも小さい力で弦を引くことができる形状の弓を使用するコンパウンドボウの部門があります。
種目は50m・30mラウンドと30mダブルラウンドの他、初級者の参加を促すため、リカーブボウの部は18mダブルラウンドと12mダブルラウンドも実施します。
また、リカーブ部門では、障害区分により身体的機能の補助を目的とした補助具を、審判の承認を得て使用することができます。

フライングディスク

直径23.5cm、重量100±5gのディスクを使用します。
5mまたは7m離れたアキュラシーゴール(直径91.5cmの円形)に向けて10回投げ、その通過回数を競うアキュラシーと、ディスクを3回投げて遠投距離を競うディスタンスがあります。
どちらも手、足、口等身体のあらゆる部分を使って投げることができます。
視覚障害者へは、アキュラシーゴール後方から、なんらかの音源で方向を知らせることができます。

ボウリング

全日本ボウリング協会競技規則に準じて行われ、ヨーロピアン方式でハンディなしの2ゲームトータルのスコアにより順位を決定します。

オフィスマッサージ オフィス整体 オフィスリラクゼーション画像

日本オフィスマッサージ協会へのお喜びの声

ご担当者様から直接、お喜びのメッセージを動画でいただいております。


現在導入されている会社企業様から、今後、社内出張オフィスマッサージを導入検討されている企業様の参考になればと、素晴らしいサービスが日本中に今後広がっていくことを願って、動画でのメッセージを頂戴しております。


(3社を検討した結果「バランス工房(JOMA)にして依頼して本当に良かった」と
現在もご継続頂いております人事部ご担当者様3名様より。日本を代表する企業様内施術室にて☆

会社人事部ご担当者様からのお声

(ご法人)会社人事部ご担当者 S・Hさま(女性)
「導入に当初不安がありましたが導入して本当によかったです

(守秘義務順遵守のため、お名前は掲載頂かないよう配慮しております)

オフィスマッサージの導入には、当初不安もありましたが
日本オフィスマッサージ協会さんに頼んでよかったです。
施術者の人柄も良く技術も確かですし
緊急時の対応(施術者が来れない場合など・・・)の対応も
スムーズです。 毎週すぐに予約が埋まってしまうので、
枠を増やせないか検討中です。

従業員さまからのお声

大変助かって、業務もはかどっている。毎回楽しみ
継続して是非是非実施して欲しい

(女性 会社員様)

この制度が出来て、大変助かっています
気軽に体調を整えること、もしくはその意識づけが
出来るようになり、結果的には業務もはかどっていると思います。

出来れば週1回ではなく2~3回あると、もっと予約もしやすいし、
他の方にも気兼ねなく予約ができる
(予約枠が少ないので、毎週は取らないようにしていたり。。。)
ようになると思います。 金額的には、現状がベストか。

何より来て頂いている先生の腕が良いのと、気さくで明るい方なので
相談もしやすく毎回楽しみです。
相談に対するアドバイスも的確で日常にも役立てています。
これからも継続して是非是非実施して欲しい

とても楽になり、仕事がはかどります。
健康に対するアドバイスも助かる」

(女性 会社員様 48歳)

30分でもやってもらうととても楽になり、仕事がはかどります
いつも同じ整体師なので、身体の変化に気づいてもらったり
健康に対するアドバイスもしてくれて助かっています

普通のマッサージや指圧と違う

(女性 会社員様 44歳)

毎回、違うツボを押されて肩や目の疲れが取れます
普通のマッサージや指圧と違いきめ細かいというか
最大限の技術で取り組んでいただけるので、毎回頼んでしまう

他のお客様のお声は、こちらでご覧いただけます>>>

(日本オフィスマッサージ協会では、よりよいサービス提供のために、
従業員様からのお客様の声を頂戴して、常によりよいサービス提供の改善に努めております)

吉崎 当協会の特徴

  • 現契約中企業様に、よりお喜び頂く事を軸にしております(実績NO.1)
  • 世界的大手企業様ご契約更新中(サービス継続率NO.1)
  • 高度専門知識&技術(国家資格者(マッサージ師)在籍)
  • 安全保証(危険な施術を一切禁止)(損害保険完備)
    もし当協会よりお得なサービスが他にございましたらご相談くださいませ!(お得度NO.1)


電話お問い合わせ
24時間メール相談

PageTop




日本オフィスマッサージ協会

〒101-0032
東京都千代田区岩本町2-12-1-502
TEL:03-5860-4118
電話受付時間:平日9時-18時



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。