障がい者(障害者)雇用 法定雇用率の改善 ハローワークからの指摘の改善策

お申し込み

HOME > 障がい者(障害者)雇用 法定雇用率の改善 ハローワークからの指摘の改善策

障がい者(障害者)雇用 法定雇用率の改善 ハローワークからの指摘の改善策

障がい者雇用について(ヘルスキーパー)


ご障がい(障害)を持った方がその持てる能力を十分に発揮できるよう、
職場環境の整備障がい者雇用を積極的に進めています。

ご障がい(障害)がおありで、かつ、国家免許のあるマッサージ師で、
企業の労働安全衛生の推進の為に、正社員または契約社員として働く人は、
「ヘルスキーパー」と呼ばれています。

ヘルスキーパーを雇用する場合は、
法律に基づいたマッサージルームの開設が必要になります。
そして、保健所への申請など導入開設までにある程度の時間がかかります。
(ヘルスキーパー導入の特徴的な利点は、”助成金”が受けられる可能性があることです)

ヘルスキーパーを雇用することで、企業様としては
障がい(障害)者法定雇用率を向上できます。
(現在、民間企業様は「2.0%」と決められています)

また社会貢献にもつながります。
社員様の健康や、労働安全衛生、職場の魅力アップや、
従業員様満足度の向上も期待できます。

障がい(障害)者マッサージ師に関する専門知識と、
豊富な経験
を生かして、ヘルスキーパー導入支援も行っております。

ハローワーク視覚支援学校(盲学校)
人材紹介会社様とも連携をとっており、
セラピストの施術テスト必要な道具の準備、そして、
「導入コンサルティング」も行わせていただいています。
(日本オフィスマッサージ協会では、ヘルスキーパーの導入支援は、
完全なる社会貢献事業であると位置づけしています)

※最近、ハローワークさんから企業様に「障害者法定雇用率の改善」について指摘を
受けていらっしゃる会社様から、大変多くお問い合わせをいただいております。

多くの場合は、改善する期間を決められて、それまでに改善ができないと
「ペナルティーが発生してしまう」ことを告げられます。

御社様にとって改善がスムーズに行われて、最適な形になりますようアドバイスさせて頂きます。
どのようなことでも、お気軽にお問い合わせくださいませ。

※オフィスマッサージ(おふぃすまっさーじ、Office Massage)とは、
ご法人様の従業員の心身の健康管理を目的とし、法人事業所内にて、
あん摩・マッサージ・指圧師(国家免許の取得者)がマッサージを行うことを指します。

※至急に障がい者(障害者)雇用 法定雇用率の改善を求められている場合は
ヘルスキーパー雇用以外の方法もございますのでお気軽にご相談くださいませ。
まず「トライアル」からスタートするなど、企業努力を示すことが必要な場合もございます。

吉崎 当協会の特徴

  • 現契約中企業様に、よりお喜び頂く事を軸にしております(実績NO.1)
  • 世界的大手企業様ご契約更新中(サービス継続率NO.1)
  • 高度専門知識&技術(国家資格者(マッサージ師)在籍)
  • 安全保証(危険な施術を一切禁止)(損害保険完備)
    もし当協会よりお得なサービスが他にございましたらご相談くださいませ!(お得度NO.1)

 

電話お問い合わせ
24時間メール相談

PageTop




日本オフィスマッサージ協会

〒101-0032
東京都千代田区岩本町2-12-1-502
TEL:03-5860-4118
電話受付時間:平日9時-18時



記事・写真・イラストなど、コンテンツの無断転写・転載などお控えくださるようお願い申し上げます。
ご使用になられる場合には、簡単で結構ですのでご一報いただけましたら幸いに存じます。